フィリピンでのATMの使い方

海外において、気になる事のひとつにお金(現地通貨)の入手方法とその管理があると思います。
もちろん両替所でのExchangeも可能ですが、やはり不慣れな土地で多額の現金を持ち歩くことはリスクを伴います。
そこで、フィリピンの町中にある便利なATMの操作方法について簡単にご紹介します。
(今回は国内大手BPI銀行のATMを参考にしました)

■まずはこれだけ覚えておけば安心の「ATM英単語」から。

・PIN/暗証番号
・WITHDRAWAL/引き出し
・BALANCE INQUIRY/残高照会
・TRANSACTION/取引
・AMOUNT/金額
・OTHER/その他
・SAVINGS/預金口座
・CURRENT/当座預金口座

それでは単語を記憶したまま、実際の画面上での操作手順です。

①ATMカード挿入(Insert your card)

フィリピン ATM

機種によりENGLISH/ TAGALOG/言語選択があります。
※日本で発行されたカードなどはATM利用手数料について確認があるため「YES」を選択します。

②4桁の暗証番号を入力し、「ENTER」キー(Enter your PIN, then press [ENTER])

※稀に、③取引内容と④口座の選択をした最後に暗証番号を入力する旧型ATMもあります

フィリピン ATM

③取引内容の選択(Select Transaction)

フィリピン ATM

・引き出しの場合
「WITHDRAWAL」キーを押し、「1000」「2000」「5000」「10000」ペソから選択
または「Other Amount」キーを押し、ご希望の金額を直接入力
・残高照会の場合
「BALANCE INQUIRY」または「View Balance」キーを押す

④口座の選択(Select Account Type)

フィリピン ATM

・預金口座(SAVINGS)、当座預金(CURRENTまたはCHECKING)から選択

なお、ATMが取引を実行しているこの間、画面上には以下のような文言が表示されます。
・Please wait. Your transaction is being processed.(お待ち下さい。取引実行中です)
・Always be aware of your surroundings. Never accept help from a stranger.(常に周囲に気を付けて下さい。見知らぬ人からの手助けを受けないで下さい)

⑤ATMカード・現金・明細書の受け取り

フィリピン ATM

(Get your card)

フィリピン ATM
フィリピン ATM

(Get your cash)

フィリピン ATM

(Your receipt is printing)

フィリピン ATM
フィリピン ATM

・Do you need to print a receipt?(明細書の要否)のYES/NO回答選択
・Do you want to do another transaction?(取引継続の要否)のYES/NO回答選択
最終画面でその他の取引が不要な場合、「NO」を選択し操作を終了して下さい。
※稀に、②暗証番号の入力・認証後に早々とカードが返却される他行ATMもあります。

以上の5ステップで基本的なATM操作は完了となります。
フィリピンでも便利なATMをぜひ活用してみて下さい!

「 その他 」

フィリピンにあるATMは1回の取引における引き出し上限額が設けられています。
日本から持参したクレジットカードやデビットカード、キャッシュパスポートなどの場合、ほとんどのATMで1万ペソ/回が上限となり(BPIは2万ペソ/回)、利用手数料として一律250ペソ/回が発生します。
1日の引き出し限度額は、カード入会時に設定した利用限度額により異なります。詳しくは各カード発行会社にお問合せ下さい。
※BPI発行のカードをBPIのATMで使用する場合、2万ペソが1日の引き出し上限額となりますが、利用手数料はかかりません。もちろん各支店のカウンター業務では2万ペソ以上の引き出しも可能です。

連載記事一覧