フィリピンの電圧とコンセントプラグ

コンセント

フィリピンで使用されているコンセントプラグはA、B3、C型の3種類です。
日本のコンセントはAタイプだけなので、日本の電化製品をそのままもっていっても使えない可能性があります。
宿泊先のコンセントプラグの形状を事前に確認できない場合は、変換プラグを用意するようにしましょう。

フィリピンの電圧

フィリピンの電圧の規格は220ボルト、60ヘルツです。
対して、日本は東日本が100ボルト、50ヘルツ。西日本が100ボルト、60ヘルツ。
電圧の規格が全く異なるため、日本製品をフィリピンで使用する場合は、電圧の許容範囲を確認しなくてはなりません。
電化製品の電圧はACアダプタや本体に書いてあるので確認してみましょう。

変圧器

残念ながら日本のほとんどの電化製品は「100ボルト」もしくは「~100ボルト」となっており、フィリピンの電圧では高負荷がかかって壊れてしまう可能性があります。
また、「240ボルト」まで対応している製品も、通常の2倍以上の電圧がかかるため壊れる可能性があります。日本製品は基本的に変圧器を間に挟んだほうが無難です。

日本で購入するメリット・デメリット

変圧器は日本で購入するこをお勧めします。
値段はフィリピンで購入するより2割程度高いですが、日本の方が圧倒的に品質が良いからです。
日本で購入する場合は、電化製品店もしくは旅行グッズ店を利用しましょう。行き先の国を伝えると、そこで使用できる変圧器と変換プラグを購入できます。

変圧器を日本で購入するデメリットは、持ち運びの際に荷物になることです。変圧器の種類にもよりますが、そこそこの重量があるため、多少わずらわしく感じるかもしれません。

飛行機に乗る際は、可能であれば機内持ち込み手荷物として持ち込むようにしましょう。
受託手荷物だと、荷物の取り扱いが荒く、壊れる可能性があります。受託手荷物として預ける場合は服やタオル等に包んで保護することをお勧めします。

フィリピンで購入する際は

変圧器をフィリピンで購入する際は、大型ショッピングモールの電化製品店がおすすめです。フィリピンによくあるSMシティだと、ACE HARDWAREという電化製品店があり、大体1000ペソ(約2500円)で買えます。
購入前に、対応しているボルト数をしっかり確認するようにしましょう。