Grabの乗り方(その二:利用方法)

前回はGrabアプリとその登録方法(How to Register)について記述しましたが、今回はGrabの利用方法(How to Grab)をご紹介します

それでは、実際にHARUオフィス⇒SMクラーク区間でGrabを利用してみることにしましょう!

①アプリを開き、赤枠「Car」をクリック

フィリピン Grab 使い方

②赤枠「I’m going to…」をクリックし、目的地(SMクラーク)を入力

※乗車地・現在地(HARUオフィス)はGPSと連動して自動検出され、マップ上に表示されます

フィリピン Grab 使い方

③「GrabCar(乗用車)/GrabTrike(三輪バイク)」から車両タイプを選択し、赤枠「Book」をクリック

今回は雨のため、GrabCarを選択しました。
※画面上ではGrabCarが262ペソ、ドライバー到着まで6~9分と表示されています。

フィリピン Grab 使い方

④アプリが自動的に最寄りのGrabドライバーを手配!

※ドライバーの顔や名前、車種、車両ナンバーはもちろん、他のユーザーによる評価も確認でき安心です。

フィリピン Grab 使い方

⑤ドライバーの到着を待ち、あとは乗車するだけ!

ドライバーの現在地も一目で分かるスグレモノ。
トヨタのAvanza(黒)、A2R095ナンバーの車両が南下しながら約7分後に到着の模様です。
※必要に応じてドライバーと直接メッセージや音声通話も可能です。

フィリピン Grab 使い方

アカウント登録したメールアドレスには利用明細が送信される便利な機能もあり。
フィリピンでの移動手段の一つとしてGrabをお試しください!

☆ご利用の注意点☆
・端末のGPS機能設定をONにしておきましょう。
・インターネット接続環境下でご利用ください。
・時間帯や天候により手配状況・運賃は変動します。

連載記事一覧